この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

美容室でヘアカラー

カラーリング前の注意点

注意することの1つ目は、カラーリングに行く前にシャンプーはしないことです。
美容院でやってもらう前に綺麗にして行きたいという気持ちもわかりますが、カラー前にシャンプーすると薬剤が沁みてしまうことがあるようです。
なので、シャンプーは当日は避けて、前日にしておきましょう。
注意すること2つ目は、体調です。
寝不足だったり、体調不良でのカラーリングは薬剤で皮膚がかぶれてしまうときがあるようです。
どうしても睡眠不足だったりすると体の血管が収縮してしまうので頭皮の健康状態もよくありませんので注意が必要です。
注意すること3つ目は、お酒です。
カラーリング前に深酒はやめましょう。
深酒をして肝臓に負担がかかると、髪の健康のもとになるタンパク質をつくりだす機能が弱くなってしまいます。
そのことで、薬剤が過剰に反応して痛いなんて感じることもあるので注意しましょう。

体調管理にも気を配ろう!

カラーリングの前には体調管理にも気を配るべきです。
生理中は、肌トラブルがおきやすいのは経験がある方も多いと思いますが、頭皮も同様に敏感になってます。
そのような時にカラーリングをすると、薬剤が毛根に浸透して炎症をおこしてしまう事もあるようです。
また、ホルモンバランスの崩れから、いつも以上に傷みを感じやすくなってますし、仕上がりにムラができることもあります。
一番いいタイミングは生理が終わってから2週間後がいいそうです。
また、妊娠中も注意が必要です。
薬剤が、胎児に悪影響を及ぼすという噂もありますが、医学的にこの根拠はないようです。
しかし、妊娠中もホルモンバランスが変わってしまっているので、普段大丈夫だったとしても薬剤に過度に反応してしまう可能性はあります。
また、ニオイに対しても敏感な時期ですので、薬剤のニオイで吐き気がしたりする場合もあります。