この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

髪の色を変えるときに気をつけること

春・夏

春タイプの方は元気で愛嬌のある方が多く、肌色は、イエローベースで、唇はサーモンピンクが特徴です。
瞳は、ブラウンで明るめでしょう。
パーソナルカラーは、健康的な色です。
このタイプの方が、濁った色味をつけてしまうと顔色が悪く見えてしまいます。
おすすめのヘアカラーは、サーモンピンクやゴールドブラウンです。

次に夏タイプです。
夏の方は、上品で女性らしいタイプです。
肌色は、ブルーベースで唇はピンク色が特徴です。
瞳は、瞳の縁がぼんやりした感じでブラックやブラウンです。
パーソナルカラーは、明るくふんわりした色がおすすめです。
派手な色は顔がくすんでみえがちなので注意です。
ヘアカラーは、ラベンダー、ローズブラウンなど柔らかく明るめで青みを感じる色がいいでしょう。

秋・冬

秋は知的でゴージャス対応です。
個性的な柄物も着こなしてしまう大人っぽい感じの方です。
肌色は、マットなイエローベースで、唇はオレンジ系になります。
瞳は深みのあるダークブラウンです。
パーソナルカラーは、アースカラーになります。
逆に秋タイプの方がパステルカラーを取り入れたりすると全体的にボケてしまうので注意です。
ヘアカラーは、マットブラウン、カッパーブラウンなどがおすすめです。
次に冬タイプ。
冬タイプは、凛とした真のある女性のタイプです。
顔立ちがくっきりしていて、髪も黒く艶やかでモダンな感じの方です。
肌色はブルーベースで唇はローズ。
透明感のある肌が特徴です。
瞳は、黒と白のコントラストがはっきりしています。
パーソナルカラーは、モノトーンはもちろん鮮やかな色も似合います。
ただし、黄色や茶色は老けてみられがちなので注意です。
ヘアカラーは、バイオレット、黒髪などはっきりした鮮やかな色をおすすめします。