髪の色を変えるときに気をつけること

さて、髪色を変えようと思っても美容室でどれにしようか迷いませんか。 参考までにパーソナルカラーって知ってますか。 自分の肌や、目や唇など生まれ持ったものと、自分の雰囲気との調和がとれる色のことです。 ぜひ、調べてみて自分に似合う色をさがしてみるのもいいかもしれません。

美容室でヘアカラー

普段、おしゃれでかかせないカラーリング。 今は、市販のカラー染を使って自宅でもできますが、やっぱりプロの美容師さんにやっていただくと断然きれいにしあがりますね。 しかし、美容室でカラーリングをしてもらう前にもいろいろ自分が注意しなければいけないことがあるようです。

何色にするか迷ったら

髪色チェンジといっても、ヘアカラーとブリーチの違いわかりますか。
ヘアカラーは髪に色を入れていくことで、一般的に色を変えたり、明るくしたりできます。
約1週間で色味は定着してきます。
ブリーチとは、地毛の色を抜いてしまうことです。
普通は、ブリーチしたあとでカラーを入れて発色をよくしていきますが、髪が傷んでいるとカラーは入りにくくなりますし、髪質によってはブリーチしないほうがいい場合もあるので美容師さんと相談してみましょう。

次に、美容室でカラーをお願するとき失敗しないように注文する為には、具体的な色の印象を伝えることが大切です。
プロではないので、色の組み合わせまで覚えて美容室にいくことは面倒です。
色の組み合わせは、プロにおまかせして、あくまでも明確に色を伝えることを注意しましょう。
例えば、自分は、ミルクティのようなアッシュを希望していて、アッシュにしてくださいと注文したのに仕上がりはグレー系だった。
また、外国人風のイノセントカラーをイメージして自分は注文したので、仕上がりは強いオレンジになってしまったなどです。
こういった失敗をしないためにも、イメージを的確につたえましょう。
必ず、モデルさんの写真などを用意しなくても大丈夫です。
例えば、そこの椅子くらいの色とか、具体的に色がわかるような注文をすると美容師さんも色がつくりやすいそうですので、注文には注意してみて下さい。

カラーチェンジで思い切って真逆の色にトライするときありがちなのは、思った色にならないこと。
これは、今までの色が新しい色を打ち消ししてしまっているのです。
なので、そういった場合はダブルカラーでのオーダーをおすすめします。
1度目は今までの色を抜くか、打ち消しして、2度目で新しい色を入れるようにするのです。
ぜひ、美容師さんと相談してみて下さい。

おすすめリンク

突然のことでも大丈夫!かつら修理ならご相談を

プライバシーに配慮しつつスピーディに対応!最短納期でかつらを修理!週末やお休みの間を利用したい方へ

フェイスリフトで評判の良いクリニック

フェイスリフトで10歳若返った自分に出会う!お手頃価格で確かな技術力のクリニックに行こう!

メンズの眉毛お手入れサロン

メンズ専用の眉毛サロンで一段上の自分になる!接客や営業などお客様と間近に接する仕事に自信が持てる!

発毛サロンで悩みにサヨナラ

髪の悩みはおすすめの発毛サロンで解決しましょう。安心、安全なサロンをご紹介します。

沖縄で美容室を開業するには?

沖縄で美容室を開業したい人におすすめ情報です!開業サポートや相談サービスを活用して成功させよう!

色を持たせる

せっかくカラーリングしたら色持ちをよくしたいですよね。 でも、実際どうすれば長持ちするのか知ってますか。 本当は、正直めんどくさくて覚えられないほどたくさんのケア方法がありますが、シャンプーを見直して、日々の生活で少しだけ習慣づけてケアするだけで持ちは違ってきます。